トップへ » 診療科目について » 歯周内科 » 歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは、歯周病菌が歯と歯茎の隙間に入り込み、やがては歯槽骨(歯を支えている骨)を溶かしてしまう病気です。歯槽骨が溶けてしまうと歯を支えることが出来なくなるため、歯そのものは虫歯でもなく、健康な状態であったとしても支えを失って抜け落ちてしまいます。

今や成人の8割が歯周病であると言われています。そして、虫歯は歳をとるにつれてかかりにくくなるのですが、歯周病は、逆に、歳をとるにつれて進行します。

このように、ほとんどの人がかかっている上に、骨が溶け、健康な歯でも抜けてしまう怖い病気なのですが、本当に怖いのはこれだけではありません。

どうして歯周病になるの?
歯周病菌も虫歯菌と同じく、歯に付いた食べカスを栄養源にしています。この食べカスに歯周病菌がとりつくと「プラーク」ができます。皆さんの歯の表面はヌルヌルしていませんか?そのヌルヌルが「プラーク」 です。

テレビCMなどで「プラークコントロール」という言葉を聞いたことがあると思いますが、このヌルヌルを取ることやプラークを増やさないことが「プラークコントロール」です。しかし、「きちんと歯磨きをしているのに...」という方も、実際には、多くの方が歯周病にかかってしまっています。

歯周病は歯間部が磨けてないことにより、罹患(りかん)していきます。

歯周病とはプラークは通常の歯磨きでは落とせない!
実は、ほとんどの方が、目に見える食べカスがきれいに取れた段階で、「きちんと歯磨きできた」「歯がきれいになった」と思っていることに原因があります。

さらには、たとえ歯医者さんで歯磨き指導を受けて、「これで完全だ!」というくらい自分で歯を磨いたとしても、それでもなお、歯の表面がなんとなくヌルヌルする... ということもあります。

そう! 実はプラークは、通常の歯磨きをしたくらいでは落ちないのです。

つまり、自宅で行う「プラークコントロール」というのは、プラークを落とすことではなく、プラークを作らない・増やさないという意味での「コントロール」なのです。

プラークから歯石へ。歯周病菌がますます活発化する段階です
プラークは、歯周病菌が自分自身の身を守るために作り出す「細菌の集団」です。そしてプラークは、唾液中のカルシウムやリン酸を取り込み、やがて固まり石灰化します。これが皆さんご存知の「歯石」です。

歯と歯ぐきは、健康な状態であればぴったりとくっついていますね。しかし、歯についた歯石から、歯と歯ぐきの間に歯周病菌が潜り込んで行くことにより、歯ぐきが歯からはがれ、炎症を起こして腫れたりするのです。こうなると、もう重症です。

しかも、恐ろしいことに、炎症が起きた腫れや痛みが発症するまで、自覚症状らしいものはほとんど現れません。だからこそ、「気が付いたときには、すでに重症」という結果になってしまうのです。

定期的なクリーニングでケアすることが最善策!
ですから、最善の歯周病治療は、「定期的にお口の中をきれいにすること」なのです。

先に説明しましたように、「プラーク」は、いくらきちんと歯磨きをしても取り除くことは困難です。プラークを完全に除去するには、歯科医院で、医師や歯科衛生士が専門的な機器を使って行うクリーニングを定期的に受けることが必要なのです。

また、上記にもありますように、歯周内科療法によって、お薬によって撃退する方法もあります。ぜひお気軽にご相談ください。


トップへ » 診療科目について » 歯周内科 » 歯周病とは


PAGE TOP