トップへ » いのうえ歯科の4つの特徴 » 痛みの少ない治療

「痛いのが苦手!」という方へ。お子さまも泣かない治療をご提供します

「痛いのが苦手!」という方へ。お子さまも泣かない治療をご提供します

当院では、落ち着いた診察室で、東洋医学を融合した丁寧で無痛的な治療を心がけています。また、お子さまに対しても、「泣かさないための最大限の努力」をしています。

診察室に関しては、ゆったりリラックスしていただけるように

●α波を主体としたサウンドを流す
●歯科医院独特のにおいを消すためにアロマをたくなどの工夫

などをシッカリ行なっています。

他にも、滅菌にも力を入れ、患者さま一人一人に対して治療の際の手袋も取換え、歯を削る機械や機器も完全滅菌しています。

ツボ指圧による痛みの緩和も可能

東洋医学の融合の一端としては、ツボ刺激の効果を活用。たとえば、手の人差し指と親指の骨が合流するところから、やや人差し指よりに"くぼみ"があり、そこは「万能ツボ」とも言われる「合谷(ごうこく)のツボ」があり、痛みを和らげるのに一役かっています。

ツボ指圧による痛みの緩和も可能合谷を指圧すると、その刺激が脳に伝わり、脳内に「エンドルフィン」という、モルヒネのような働きを持つ物質が大量分泌。これが、脳が感じていた痛みをマヒさせるため、痛みがやわらぐといわれています。

押し方や力の入れ方にもコツがあるのですが、このツボ指圧を利用することで、麻酔にアレルギーがあるようなお子さまの治療や、歯を抜くときの痛みの軽減を可能にしています。

痛くない麻酔のためのさまざまな工夫

麻酔の打ち方にも細心の注意を払い、痛点を刺激しないように「角度が10度以下」になる侵入経路をキープ。痛みの少ない細い針や、麻酔の注入速度を一定に保てる電動麻酔器などを使用し、麻酔針を刺す前には表面麻酔も塗布しています。(針の痛みを和らげる塗り薬)

痛くない麻酔のためのさまざまな工夫こういった工夫は、大人の方に対しても施していますし、施術後の痛みが心配な方には、必ず痛み止めを処方しています。

どうしても抜歯したくないという方には無理強いはしません

歯がグラグラになっていても、「どうしても抜きたくない」「自然に抜けるまではそのままで...」と希望される場合には、無理やり抜くようなことは、可能な限りしていません。

どうしても抜歯したくないという方には無理強いはしません医師としては「抜いたほうがいい」「そのままにしておくとリスクが大きい」と思っても、無理強いをしてはいけないと考えます。ただし、乳歯の横から永久歯が出てきている場合は、歯並びの関係から抜歯をすすめる場合が多いのも事実です。

「そのままにしておくことのリスク」はご説明し、その上で「やっぱり抜いて欲しい」と言っていただけるよう努めます。

患者さまが後々、「嫌なのに抜かれた」と感じるようなことはしたくありませんので、「抜いてもらった/抜いてもらってよかった」と思っていただける治療に徹しています。

なるべく削らない治療を実現

【ダイアグノデント】削る歯と削らない歯を明確に判断
当院が導入している「ダイアグノデント」では、レーザー光で歯質変化を測定することが可能。これにより、初期虫歯と、そうでない場合の境目を明確に判断することができますので、本当に必要な治療のみを行う事が可能になりました。

なるべく削らない治療を実現

当院では常に、「患者さまのために最適な治療を!」「痛みや負担が少ない治療を!」と考えていますので、痛みが苦手な方も、安心してご相談ください。


トップへ » いのうえ歯科の4つの特徴 » 痛みの少ない治療


PAGE TOP