トップへ » 診療科目について » 矯正歯科

床矯正(しょうきょうせい)を使った矯正治療

床矯正(しょうきょうせい)を使った矯正歯科治療

お子さまの歯列が気になり、

「矯正したほうがいいのかしら?」
「いつから、どんな方法で矯正するのがいいのだろう?」

とお悩みの方は、ぜひ一度当院にご相談ください。当院では歯をなるべく抜かずに、あごを広げてスペースを作る床矯正をメインに、さまざまなニーズにお応えしています。

床矯正とは?

床矯正とは? 歯並びが悪い場合、あごの大きさが小さくて、すべての歯がきちんと並ぶスペースがないケースが非常に多くみられます。

こういったケースでは、永久歯が生えそろうまで待ち、抜歯して作ったスペースを利用してワイヤーで歯を並べるというのが従来の一般的な矯正方法でした。

しかし本来、「虫歯になっていない歯を抜く」というのに少し抵抗がありませんか?そこで、なるべく抜かずにすべての歯がきちんと並ぶよう、あごの大きさに広げてスペースを作るのが床矯正です。(上:50,000+税円、下:50,000+税円)

治療前
治療前
治療後
治療後


取り外し可能でリスクが少ない矯正装置
床矯正の装置は入れ歯に似た形をしていて、真ん中の金属のネジを回すことによって、装置を少しずつ拡大出来るようになっています。成長段階に合わせて少しずつ広げた装置を口に入れておくことであごの骨の成長を促し、永久歯がきちんと並ぶスペースを確保していきます。

お子さまでも簡単に取り外しが出来るので、歯磨きがしやすく、虫歯や歯肉炎のリスクも軽減できます。

<床矯正のメリットとデメリット>
≪床矯正のメリット≫
●歯をなるべく抜かずに矯正できる
●取り外しが可能なため、食事や歯磨きのときなど、必要なときには外しておくことができる
●取り外せるので掃除がしやすく、虫歯のリスクが減らせる
 ※ワイヤーなど固定式の場合はプラークコントロールが難しく、虫歯になりやすくなります
●広げた時の圧迫感はあるが、広げるペースを調整することで痛みなどにも対応できる

≪床矯正のデメリット≫
●慣れるまでは違和感が大きい
 ※嘔吐反射がある場合でも、1週間くらいで慣れるケースがほとんどです
●装着時間や拡大のペースを守らないと効果が出にくい
●歯の向きや位置もある程度は揃えられるが、3次元的な矯正には、他の装置が必要になる場合もある
●なくしてしまうと再度作る必要がある
●破損すると修理、再製の必要がある

その他の矯正装置

ムーシールドムーシールド

幼児期、学童期の反対咬合の治療に用いる「睡眠時に用いるマウスピース」です。幼児期、学童期の舌や口腔周囲筋肉、軟組織の悪習癖は排除して治療していきます。(70,000+税円)

ムーシールド
治療前
ムーシールド
治療後


固定タイプの拡大装置

クワドヘリックス
クワドヘリックス
急速拡大装置
急速拡大装置

治療開始に最適な時期はケースbyケース。ぜひ、ご相談ください!

治療開始に最適な時期はケースbyケース。ぜひ、ご相談ください!お子さまの歯並びについて、保護者の方が「曲がって生えてきているかも...」と気づかれるのは、大体、永久歯が生え始めるころ(5歳半~7歳頃)が多いと思います。

乳歯列の時期であっても、明らかにあごが狭い場合には、拡大を開始したほうが良い場合もあります。

この時期は、単純に「歯並びの良い・悪い」にばかり目が行きがちですが、あごの骨は、「歯から伝わる噛む力」によって成長するので、歯並びが悪いままだと、余計にあごの成長が妨げられてしまうことも大きな問題です。

また、「あごの骨」というと下あごの骨に目行きがちですが、上あごの骨は、顔の70パーセントを占める大きな骨です。ここの成長具合で顔の形が決まりますので、成長が終わる時期(男の子は16歳くらい、女の子は14歳くらい)までに矯正を終了できるのが理想的でしょう。

<お子さまやご自身の健康のために>
歯並びが悪いまま放っておくと、将来的に虫歯や肩こり、偏頭痛、顎関節症の原因になったり、歳を重ねるごとに体の不調が顕著に現れる場合もあります。それらを改善するために、最近では、この「プチ矯正」を希望される大人の患者さまも多く、当院でもさまざまなニーズに対応しています。

歯科矯正は「お金がかかる」と思われがちです。しかし、お子さまや患者さまの将来的な健康を考えると、長い人生の一時期を健康のために費やしてみる価値は十分にあると思います。

もし歯並びでお悩みでしたら、いつでも気兼ねなくご来院ください。

お母さま、お子さまの歯並びは大丈夫でしょうか?

矯正のご相談は無料です!!矯正にかかる期間や費用を気にされる方も多いのですが、それらは、お口の中の状況、歯並び、どれくらいスペースが足りないのか、どのように歯を動かすのか等々、個々のケースによって変わってきます。

ひとつの目安として挙げるなら、床矯正の装置は一つ¥52,500です。いずれにしても、ご相談は無料で承っていますので、まずは一度ご相談ください。

大人の矯正装置/目立たない矯正(セラミックブラケット)

「矯正治療」と聞くと、銀色のギラギラと光る矯正装置を思い浮かべる方が多いと思います。そのため、「歯並びは直したいと思っているけど、ちょっとね...」と二の足を踏まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?当院の矯正治療では、審美性を重視した白くて目立たない矯正装置を使用しています。

大人の矯正装置/目立たない矯正(セラミックブラケット)使用する装置は、歯と同じ白さのセラミックブラケット。歯とよく馴染みますので、口を開けてもほとんど目立ちません。最近では白いワイヤーも多用しています。

TP Orthodontic Japanの InVuのセラミックブラケット、ワイヤー類を用いています。

当院では、メンタル的なストレスを軽減する上でも、審美性の高い装置をお勧めしています。歯並びが気になっている方は、ぜひ一度ご相談ください。

大人の矯正装置大人の矯正装置

ミニインプラント矯正

ミニインプラント矯正次へミニインプラント矯正次へミニインプラント矯正

かむ平面をまっすぐにそろえる矯正

インプラント圧下11.jpg
対合歯のない伸びた歯を骨の中に沈める矯正


トップへ » 診療科目について » 矯正歯科


PAGE TOP