トップへ » 診療について » 症例集 » 症例06:開咬

症例06:開咬

症例次へ症例

奥歯でかんでも前歯が開いているのを開咬といいます。おもに、舌突出癖があるとなります。舌がでにくい装置をつけると前歯がかんできます。装置をはずすと再発することもあります。

■ 治療期間:9カ月
■ 治療内容:タンググリップをして前歯の被蓋を改善します。
■ 治療に関する副作用/リスク:舌が荒れたり、発音障害、摂食障害、口内炎が出る場合があります。


トップへ » 診療について » 症例集 » 症例06:開咬


PAGE TOP