トップへ » 診療について » 症例集 » 症例05:クワドへリックスで拡大後、フルブラケット矯正

症例05:クワドへリックスで拡大後、フルブラケット矯正

症例次へ症例次へ症例
       ①                ②                 ③
固定式のあごを広げる装置で、あごを拡大してから、歯にボタンをつけて歯をきれいに並べます。
当院では主に目立ちにくい白いセラミックブラケットを使用します。

■ 治療期間:①→③ 1年~1年半
■ 治療に関する副作用/リスク:装着時に舌が荒れたり、発音障害、摂食障害、口内炎、咬合痛や自発痛が出る場合があります。


トップへ » 診療について » 症例集 » 症例05:クワドへリックスで拡大後、フルブラケット矯正


PAGE TOP