トップへ » 診療科目について » インプラント » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れインプラントとは、歯の欠損部分にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に被せ物を被せて歯を補う治療法です。入れ歯やブリッジと違い、周りの歯に負担をかけたり、削ったりしないので、大変快適に使用できます。

ステップ1.カウンセリング
失われた歯の数・インプラントを埋め込む骨の量や質・位置、何本インプラントを埋めるかなど、治療の計画を立てます。ここでは2回法を紹介していますが、1回法を選ぶ場合もあります。

ステップ2.精密検査・診断
診断に必要な歯の型・レントゲン写真・現状の歯の写真・その他の診断に必要な資料の検査を行います。

※骨の状態を正確に把握するため、提携医院(咲花病院)にてCTの撮影も受けていただきます。

※インプラント治療を成功させるには、口内環境の良さが重要です。虫歯や歯周病の治療を終えた後にしかインプラント治療を行いません。

ステップ3.インプラント治療の計画の説明
診断に基づき治療計画・流れ・期間・費用・リスク・治療後の保証・メインテナンスなど詳しくご説明いたします。

ステップ4.インプラント埋入手術
本数によって違いますが30~60分程度で終わります。 当日はゆったりと過ごすに越したことはありませんが、お仕事を休んだりなどの日常生活に大きな制限はありません。

ステップ5.挿入したインプラントを定着させるための保定期間
上のあごで4~6ヶ月、下のあごでは2~3ヶ月を目安に安定を保ちます。

ステップ6.アバットメントの装着・歯の製作
埋入したインプラントにアバットメント(接続部品)を装着し、最終的に使用していただく歯の製作治療に入ります。なお、当日は仮歯を装着する場合もあります。

ステップ7.歯の装着
最終的な人工歯を装着します。

ステップ8.経過観察・メインテナンス
歯がキチンと機能しているか、頬などを噛むことがないか、話にくくないかなどをチェックし、歯磨きの仕方も指導します。

インプラント治療の流れ※インプラントを長く使用できるかどうかは、毎日のケアと定期的なチェックがとても大切になってきます。装着後1年間は半年に1回、それ以降は1年に1回の定期健診をお勧めします。


トップへ » 診療科目について » インプラント » インプラント治療の流れ


PAGE TOP