トップへ » 診療科目について » 審美歯科 » 当院の審美歯科メニュー

当院の審美歯科メニュー

当院の審美歯科メニュー一言で「セラミック」と言っても、すべてがセラミックで出来ているものもあれば、金属やプラスチックと組み合わせることで、デメリットを補ったり、メリットを強調したりしている素材もあります。

当院では、主に下記の3種類のセラミックを用いて、患者さまの状況に最適な治療を行っています。

オールセラミッククラウン
白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用したかぶせものです。内部に金属を一切使用していないため、歯を自然な色合いにしていきます。長く使用しても変色することもありません。歯周病などで歯肉が下がっても、差し歯独特の黒いすじが見えないといった特徴もあります。

主に目立ちやすい前歯に使用することで、白く美しい表情を手に入れることができます。金属アレルギーの心配もなく、どなたにも安心の治療法です。

<オールセラミックのメリット>
・短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
・歯並びやかみ合わせの改善にも利用できる
・金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
・金属アレルギーの方にもオススメ

<オールセラミックのデメリット>
・割れる場合がある
・歯を削る量が比較的多い
・保険外の治療なので、コストがかかる

メタルボンドクラウン
金属でできた「かぶせもの」の外部を、白く透明感のあるセラミックで覆った人工の歯です。金属部分が見えないため、見た目もきれいで、変色もせず、多くの患者さまがよく選択される治療法です。また、強度が高いことも忘れてはならないメリットです(オールセラミックはすべて"セトモノ"でできているため、メタルボンドに比べると割れやすい)。

<メタルボンドのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<メタルボンドのデメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

ハイブリッドセラミッククラウン
これはセラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られた「かぶせもの」です。オールセラミックよりもやわらかく、他の歯にダメージを与えにくいというメリットがあります。とはいえ、年数がたつと変色してしまうといったデメリットもあります。

<ハイブリッドセラミッククラウンのメリット>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

<ハイブリッドセラミッククラウンのでメリット>
・歯肉や歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、透明感のある歯にはならない

●被せ物の種類の比較
素材・名称 イメージ ワン
ポイント
素材 長所 短所 美しさ 耐久性 清潔感
オール
セラミック
オールセラミック 最高の
美しさ
100%セラミックを使ったもの ○美しさ№1。自然で透明感のある白色
○ほとんど変色しない
○摩耗に強い
○清潔感が高くプラークがつきにくい
○金属アレルギーにならない
×極端に強い衝撃を与えると割れることがある










メタル
セラミック
メタルセラミック 健康・
美しい
金属にセラミックを焼き付けたもの ○自然の葉に近い美しい白色で、ほとんど変色しない
○摩耗に強く耐久性が高い
○清潔感が高くプラークがつきにくい
×極端に強い衝撃を与えると割れることがある










ハイブリット
セラミック
ハイブリッドセラミック 日常での
自然さ
セラミックにプラスチックを混ぜたもの ○保険に比べ変色しにくい
○オールセラミック・メタルセラミックよりも安価
×多少の変色がある
×オールセラミック・メタルセラミックよりも耐久性が低い







プラスチック
前装冠
プラスチック前装冠 保険適用 金銀パラジウム合金の表面にプラスチックを貼り付けたもの ○健康保険が適用できるため経済的 ×数ヶ月~数年で黄色く変色する
×柔らかいため歯磨きで削れてしまう
×プラークがつきやすく歯周病になりやすい
×金属アレルギーになる可能性がある



トップへ » 診療科目について » 審美歯科 » 当院の審美歯科メニュー


PAGE TOP