トップへ » 診療科目について » 歯周内科 » 【歯周病】自覚症状がないまま進行してしまう病気

【歯周病】自覚症状がないまま進行してしまう病気

【歯周病】自覚症状がないまま進行してしまう病気

歯周病は、歯自体を侵食する虫歯とちがって、歯を支える歯肉や骨などを侵食してしまう病気です。

初期にはほとんど自覚症状がないため、「歯ぐきが下がってきている」「歯ぐきから血が出る」「歯がグラグラする」という症状が出るころには、歯周病がかなり進行してしまっています。

そのため当院では、定期的な検診を受けていただくことをお勧めしています。


トップへ » 診療科目について » 歯周内科 » 【歯周病】自覚症状がないまま進行してしまう病気


PAGE TOP